news | access

シャツ屋のTシャツ by holoshirts. @Roundabout

シャツ屋のTシャツ by holoshirts.
2017年5月25日[木] – 6月12日[月]|12:00 – 20:00|5月30日,6月6日[火]休み

店舗を持たず採寸から縫製まですべてを一人で行うオーダー専門のシャツ工房「holo shirts.(ホーローシャツ)」による、シャツ生地で作るTシャツの受注会をラウンダバウトにて開催致します。

サンプルをご試着頂き、お好きなサイズ・生地・ボタンをお選び頂けます(価格は15000円+税 より※生地によって変動します)。

商品のお渡しは7月末〜8月初旬を予定しております。ご予約は不要ですので、お誘い合わせの上お気軽にお越しください。

holo shirts. ウェブサイトhttp://holoshirts.com/

 

スタッフ募集のお知らせ

スタッフ募集のお知らせ

ラウンダバウトで一緒に働いて下さる方を募集します。

仕事の内容:接客・販売・検品・清掃・集計・その他(力仕事有り)

募集対象:人と接する事が好きな方

週3から週5勤務にて、土日のいずれも必ず出勤可能な方

勤務地:Roundabout 東京都渋谷区上原3-7-12 B1

勤務時間:11:00 - 20:30  残業有り・シフト制

時給:時給950円より(勤続年数と能力に応じて優遇有り)

試用期間:勤務開始より3ヶ月間

交通費支給(上限1万円)・社保完備

応募方法:履歴書と志望動機の作文(400字から800字・手書きのみ)を持参頂くか店宛に郵送下さい。募集人数が一定に達した時点で書類選考を実施、選考を通過した方を対象に面接を致します。選考には多少のお時間を要する事がございます。

担当:小林

LIGHT YEARS “Vintage Quilt” POPUP STORE @Roundabout *5月8日[月]迄会期延長いたします。

LIGHT YEARS “Vintage Quilt” POPUP STORE @Roundabout

2017年4月12日[水]-4月30日[月]|12:00-20:00|4月18日,25日[火]休   *5月8日[月]まで会期延長いたします。

福岡を拠点に、モロッコやインドなど旅先で巡り合った様々な物を紹介する前田淳さんと細矢直子さん率いるLIGHT YEARS。

彼らがインド国内から集めた、着古したサリーなどを接ぎ合わせて幾層にも重ねて刺し子の様なステッチを施していった「ラリーキルト」と呼ばれる生活のための布を展示販売致します。インドやパキスタン、バングラデシュで実際に使われてきた色とりどりのものと、それらを奄美大島の染工所で 藍や泥で染めたものがそれぞれ登場します。

併せて、西アフリカに位置するブルキナファソの藍染のショールも店頭に並ぶ予定です。

皆様のお越しをお待ちしております。

LIGHT YEARS ウェブサイト  http://www.light-years.jp

 

‪littlebodco & LITTLE SUNSHINE “moonlight indigo” POPUP STORE @ Roundabout‬ 会期延長のお知らせ

‪littlebodco & LITTLE SUNSHINE “moonlight indigo” POPUP STORE @ Roundabout‬

開催中 – 2017年4月7日[金]|12:00-20:00|4月4日[火]|

‬*ご好評に付、会期を上記の通り延長致します。

日夏大輔さんが主宰する合同会社リトルのタオル2種 littlebodcoとLITTLE SUNSHINEの新色moonlight indigoと、2重ガーゼ素材の新製品を加え、30年振りに復活する18弁の手回しオルゴールの先行販売を加えたフェアを、代々木上原のラウンダバウトにて開催致します。

littlebodcoのタオルについて

2種類の混紡糸(コットン70%+バンブーレーヨン30%とコットン70%+リネン30%)を、極限まで低い密度で織り上げることで、太めのしっかりとしたパイルを緩めの心地で支えるという発想のタオル。開発と試作に2年の歳月をかけたこのタオルは、折り畳んで当て拭きをした際のパイルの重なりによるクッション性と吸水性、そして広げて干した時の速乾性の両立を実現させています。洗う時にはネットに入れて頂く様な少しデリケートなタオルです。今回、綿竹と綿麻の二種の混紡糸を平織りした生地を合わせた2重ガーゼの新製品も登場致します。

LITTLE SUNSHINEのタオルについて

今はもう生産されていないアメリカ製のタオルへのオマージュとして開発された、ややヘビーデューティーな印象のタオルです。撚り(より)をかけた綿100%の糸でパイルを織って、晒して、染めて、そして表面のパイルがねじれて紐状になるまで繰り返し長時間洗い込むという「ロングパイルツイスト製法」によって作られるLITTLE SUNSHINEのタオルは、ねじれた紐状のパイルが表面積を増やし、バネのように伸縮し弾力があるので、拭き心地がよく、吸湿性に優れ乾きやすいという特性を持っています。最初は少し硬めですが、使っていくうちに徐々にしなやかに育っていきます。

littlebodcoとLITTLE SUNSHINEの生産工場について

littlebodcoとLITTLE SUNSHINEというある意味で対照的とも言える二つのタオルは、どちらもホットマン株式会社に生産を委託、東京都青梅市にて製織と縫製を、埼玉県川越市にて染色の工程が行われています。littlebodcoとLITTLE SUNSHINE、どちらのタオルも全てホットマンの独自認定規格である”1秒タオル”(1cm角に切ったタオルを水に浮べた時に1秒以内に水中に沈み始めるタオル)を取得しています。

18弁の手回しオルゴールについて
今から約30年前、日夏さんは“Rrose Sélavy” という屋号で海運会社に掛け合って広告用の飛行船を飛ばしたり、オルゴールの販売などをしていました。その頃に手掛けた18弁の手回しオルゴールを復活させようと、当時の取引先であるメーカーに金メッキ加工をしていない特注のムーブメント(オルゴールの内部機構)の製造を依頼し、竹内紙器製作所の協力によりグレーの板紙で製作した専用箱に入れて販売いたします。

*会期中は週末を中心に、日夏大輔さんがラウンダバウト店頭にて製品についてご説明下さる予定です。

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ日刊 主催「生活のたのしみ」展 出店のお知らせ

ウェブサイトの「ほぼ日刊イトイ新聞」が主催する「生活のたのしみ」展に、

「Roundabout OUTBOUND 小林和人の道具店」として出店いたします。

両店舗にて日頃取り扱う様々な日用品を携え、店主 小林も会場に立つ予定です。

皆様のご来場をお待ちしております。

「生活のたのしみ」展

会期:2017年3月24日,25日,26日

時間:11:00 – 20:00

場所:六本木ヒルズ  大屋根プラザ、ヒルズカフェ/スペース

「生活のたのしみ」展 特設ウェブサイトhttp://seikatsunotanoshimi.1101.com/store/outbound

‪littlebodco & LITTLE SUNSHINE “moonlight indigo” POPUP STORE @ Roundabout‬

‪littlebodco & LITTLE SUNSHINE “moonlight indigo” POPUP STORE @ Roundabout‬

2017年3月8日[水]-27日[月]|12:00-20:00|14日[火], 21日[火] 休|‬

日夏大輔さんが主宰する合同会社リトルのタオル2種 littlebodcoとLITTLE SUNSHINEの新色moonlight indigoと、2重ガーゼ素材の新製品を加え、30年振りに復活する18弁の手回しオルゴールの先行販売を加えたフェアを、代々木上原のラウンダバウトにて開催致します。

littlebodcoのタオルについて

2種類の混紡糸(コットン70%+バンブーレーヨン30%とコットン70%+リネン30%)を、極限まで低い密度で織り上げることで、太めのしっかりとしたパイルを緩めの心地で支えるという発想のタオル。開発と試作に2年の歳月をかけたこのタオルは、折り畳んで当て拭きをした際のパイルの重なりによるクッション性と吸水性、そして広げて干した時の速乾性の両立を実現させています。洗う時にはネットに入れて頂く様な少しデリケートなタオルです。今回、綿竹と綿麻の二種の混紡糸を平織りした生地を合わせた2重ガーゼの新製品も登場致します。

LITTLE SUNSHINEのタオルについて

今はもう生産されていないアメリカ製のタオルへのオマージュとして開発された、ややヘビーデューティーな印象のタオルです。撚り(より)をかけた綿100%の糸でパイルを織って、晒して、染めて、そして表面のパイルがねじれて紐状になるまで繰り返し長時間洗い込むという「ロングパイルツイスト製法」によって作られるLITTLE SUNSHINEのタオルは、ねじれた紐状のパイルが表面積を増やし、バネのように伸縮し弾力があるので、拭き心地がよく、吸湿性に優れ乾きやすいという特性を持っています。最初は少し硬めですが、使っていくうちに徐々にしなやかに育っていきます。

littlebodcoとLITTLE SUNSHINEの生産工場について

littlebodcoとLITTLE SUNSHINEというある意味で対照的とも言える二つのタオルは、どちらもホットマン株式会社に生産を委託、東京都青梅市にて製織と縫製を、埼玉県川越市にて染色の工程が行われています。littlebodcoとLITTLE SUNSHINE、どちらのタオルも全てホットマンの独自認定規格である”1秒タオル”(1cm角に切ったタオルを水に浮べた時に1秒以内に水中に沈み始めるタオル)を取得しています。

18弁の手回しオルゴールについて
今から約30年前、日夏さんは“Rrose Sélavy” という屋号で海運会社に掛け合って広告用の飛行船を飛ばしたり、オルゴールの販売などをしていました。その頃に手掛けた18弁の手回しオルゴールを復活させようと、当時の取引先であるメーカーに金メッキ加工をしていない特注のムーブメント(オルゴールの内部機構)の製造を依頼し、竹内紙器製作所の協力によりグレーの板紙で製作した専用箱に入れて販売いたします。

*会期中は週末を中心に、日夏大輔さんがラウンダバウト店頭にて製品についてご説明下さる予定です。

 

 

 

 

年末年始のお休みのお知らせ

年末年始のお休みにつきまして、下記の通りお知らせ致します。

冬期休業   2016年12月31日(土) – 2017年1月5日(木)

今年も皆様には大変お世話になりました。

来年も変わらぬ御愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

Roundabout 店主

トークイベントのお知らせ 相場正一郎さん×柴田隆寛さん×小林和人

相場正一郎さん×柴田隆寛さん×小林和人トークイベント

「僕らの街の20年。これからの街のつくり方、伝え方について語ろう」

雑誌『&Premium3周年記念トーク
僕らの街の20年。これからの街のつくり方、伝え方について語ろう。
■日時:2016年11月18日(金)20時~21時半(開場は19時)
■会場:SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS 渋谷区神山町17-3 テラス神山1F
■参加料金:1,500円(ドリンク付き)
■チケットの購入:
こちらのページよりお申し込みください。
http://www.shibuyabooks.co.jp/event/

■ゲスト:
相場正一郎さん(LIFEオーナー)
1994年から2000年までイタリア、トスカーナ地方で料理修行後、2000年、都内で店長兼シェフに。03年、代々木公園にカジュアルイタリアン『LIFE』をオープン。その後、全国にレストランを5店舗展開。今年6月には、カナダ最大のポーク会社『hylifepork』のアンテナショップ『hylifeporktable』を代官山にオープンした。著書に、マイナビ『LIFEのかんたんイタリアン』筑摩書房『世界でいちばん居心地のいい店のつくり方 』がある。

柴田隆寛さん(編集者)
編集者。マガジンハウス刊行のクオリティライフ誌『& Premium』エグゼクティブ ディレクター。広告やイベント制作、ブランディングなど、メディアや領域に縛られない編集スタイルが信条。主な編著書に『TOOLS』『リサ・ラーソン作品集』『ビームスの沖縄』など。その他、編集を手がけた書籍に『恐竜仮面』(著者・谷川俊太郎、下田昌克、藤代冥砂)、『柚木沙弥郎 92年分の色とかたち』などがある。

小林和人(Roundaboutオーナー)
1999年、機能的で実用的な国内外の生活用品を扱う店 Roundabout(ラウンダバウト)を吉祥寺にオープン。2008年には、物がもたらす作用に着目した品揃えを展開する場所 OUTBOUND(アウトバウンド)を開店。その後、建物の取り壊しに伴い、16年4月よりRoundaboutを代々木上原に移転した。小林さん個人として、スタイリングや執筆の仕事も手掛けている。著書に『あたらしい日用品』(マイナビ)がある。

“kläuse” POP-UP STORE at Roundabout

“kläuse” POP-UP STORE at Roundabout

2016年9月14日[水] - 10月10日 [月]|12:00 – 20:00|9月20日, 27日, 10月4日 [火] 休み

*好評に付き、会期を10月31日 [月]まで延長致します。

古いワークウェアやユニフォーム等のディテールを、現代の生活に対応した衣服に落とし込む、石原英樹氏によるブランド「kläuse(クロイゼ)」のPOP-UP STOREを代々木上原のラウンダバウトにて開催致します。

会期中は、豊富な生地見本と共に、襟や袖口をお選び頂けるシャツや当店別注の新型コートをご用意し、セミオーダーにて受注を承ります。

併せて、タンニン鞣しの牛革を素材とした新作のトートバッグも登場致します。

皆様にご覧頂けましたら幸いです。

石原英樹氏 在店予定日 9月14,17,18日

 

http://www.klause.biz/

 

 

 

littlebodcoフェアのお知らせ

littlebodcoフェア 2016年6月15日[水] – 7月4日[月]|12:00 – 20:00|6月21日,28日 休み

当店でも長く取り扱いを続けるタオル「HIPPOPOTAMUS」の開発に携わり、一昨年前には合同会社リトルを設立した日夏大輔さんが取り組む「littlebodco(リトルボッコ)」をご紹介するフェアを開催いたします。

これまでのタオル作りの経験を活かし、新たに開発した2種類の混紡糸(コットン70%+バンブーレーヨン30%とコットン70%+リネン30%)を、極限まで低い密度で織り上げることで、太めのしっかりとしたパイルを緩めの心地で支えるという今までにない発想のタオルが出来上がりました。開発と試作に2年の歳月をかけたこのタオルは、折り畳んで当て拭きをした際のパイルの重なりによるクッション性と吸水性、そして広げて干した時の速乾性の両立を実現させています。

生産は、紡績以外の全ての工程を一貫生産出来る国内でも数少ないメーカーであるホットマン株式会社により、東京都青梅市にて製織と縫製を、埼玉県川越市にて染色の工程が行われています。littlebodcoのタオルは、全てホットマンの独自認定規格である”1秒タオル”(1cm角に切ったタオルを水に浮べた時に1秒以内に水中に沈み始めるタオル)を取得しています。

littlebodcoのタオルの優れた弾力性と拭き心地、そして優れた吸水性と速乾性を是非お試しください。

*会期中、littlebodcoの商品を一回に税抜8,000円以上お求めのお客様にチーフタオルをプレゼント致します。

*週末を中心に日夏さんもラウンダバウト店頭にてlittlebodcoの製品についてご説明下さる予定です。

photography: Gottingham

 

 

 

『Leaves』発売記念 緊急対談「立花文穂×小林和人 一葉一答」


『Leaves』発売記念 立花文穂ブックフェア 閉幕企画
緊急対談「立花文穂×小林和人 一葉一答」
ゲスト:太陽バンド
日時:2016年6月13日20:30から22:30くらいまで
料金:1500円 定員:30人
場所:Roundabout 渋谷区上原3-7-12 B1
立花文穂さんの作品集『Leaves』の1ページ1ページについて、ラウンダバウトの店主小林からの質問に立花さんがお答えします。太陽バンドの畑俊行さんも登場予定。皆さま、どうぞお楽しみに。

御予約はお電話(03-6407-8892)又は、メール(yoyakumadoguchi@gmail.com)まで。

坂ノ下典正『都市の目覚め』 release live at Roundabout

坂ノ下典正『都市の目覚め』 release live at Roundabout

Weissよりリリースされた坂ノ下典正さんの新しいアルバム『都市の目覚め』の発売を記念して、ラウンダバウトにて演奏会を行います。

ソプラノサックスの内田輝さんをゲストにお迎えしての演奏を、是非お楽しみください。

日時:2016.6.4

開場:20:00 開演:20:30

定員:30人 料金:1500円

会場:Roundabout  渋谷区上原3-7-12 B1

ご予約はお電話(03-6407-8892)又はnorimasa_sknst@ybb.ne.jpまで、お名前・人数をお伝え下さい。

 

『Leaves』発売記念 立花文穂 ブックフェア 於:ニューラウンダバウト


『Leaves』発売記念 立花文穂ブックフェア 於:ニューラウンダバウト

2016年5月11日 – 6月13日 火曜休  12:00-20:00

アーティスト/グラフィックデザイナーの立花文穂さんによる初の作品集『Leaves 立花文穂作品集』(誠文堂新光社)の発売を記念して、ラウンダバウトにて「『Leaves』発売記念 立花文穂ブックフェア  於:ニューラウンダバウト」を開催致します。会期中は『Leaves』『かたちのみかた』をはじめ、『球体』全号、立花文穂プロ.の全出版物(完売のものは除く)が、立花さん自身による手書きの解説と共に店頭に並びます。皆様にご覧頂けましたら幸いです。

 

 

Roundabout 移転先のお知らせ

ラウンダバウト移転先のお知らせ

 

入居ビルの取り壊しに伴う退去後も行く末が定まらず、流浪の日用品店となりつつあったラウンダバウトですが、この度ようやく移転先が決まりました。

場所は、代々木上原駅より井の頭通りを渡った住宅街の入り口付近に位置するマンションの半地下です。ゆとりのある天井高と、建物の外観からは想像がつかないコンクリ剥き出しの躯体の荒々しさがもたらす高揚感が決め手となりました。

当初、吉祥寺の近辺を中心に移転先探しをして進めておりましたが、残念ながら予算内では希望の広さと立地の物件に出会う事が出来ませんでした。とはいえ一方で、かつてのラウンダバウトの物件との出会いがいかに幸運だったかを痛感し、あのビルで過ごした17年近くの日々の有り難さを再認識する事となりました。

実は、昨年の秋には西荻窪の駅近くに広さのある日当たり良好な物件を見つけ、早々に申し込みを済ませておりました。しかしながら、ビル建替えまでの間の短期入居というのは貸す側にとって好まれないのか、結局は後で申し込んだ他の方に決まってしまいました。その後も暫くは吉祥寺から離れすぎない場所に拘っていたものの、以前までの店舗の雰囲気に勝る空間には出会えず、いつしか物件探しは混迷の様相を呈して参りました。

ある時、物件探しの方針を「近隣で短期」から「都内全域で長期」へと転換してみたところ、ようやく道が開け始め、その後も紆余曲折はありつつも最終的に本物件に落ち着いた次第です。

個人的には、結婚して初めて暮らし始めたのが隣駅の東北沢だった事もあり、少し歩けば馴染みのある景色にも触れる事が出来、また近辺には友人や知人が予想以上に多い事も徐々に分かってきました。吉祥寺との距離感も程よく、代々木上原という結果は、思えば最良の着地だったのではないかと思っています。

先月賃貸契約を終え、内装工事はまさに始まったばかりです。窓や出入口は合板で塞がれたままという、不法占拠さながらの状態ではありますが、1日も早い再開を目指し、4月22日、つまり今週の金曜日の12時より営業を始める事に致しました。

諸々の工事は5月末頃には終了する見込みですので、お早めに足を運んで頂けましたら、今しかない現在進行形のラウンダバウトを御覧になれるかもしれません。

新しい空間にて、再び皆様とお会い出来る事を心待ちにしております。

 

2016年 4月 Roundabout 店主 小林 和人

 

Roundabout  ラウンダバウト

住所:東京都渋谷区上原3-7-12 B1

電話:03-6407-8892

営業時間:12:00~20:00

定休日:火曜

 

・4月22日から24日の3日間は、お飲物を御用意してお待ちしております。

お誘い合わせの上、ぜひ皆様で遊びにいらして下さい。

・姉妹店のOUTBOUNDは引き続き、吉祥寺にて営業を続けております。

 

「USELESS / USEFUL」@神宮前 ユトレヒト

「USELESS / USEFUL」

デザイナー 熊谷彰博とRoundabout 店主 小林和人による「USELESS / USEFUL」展です。

イタリアのオリベッティが1975年に発行したアメリカの開拓時代の道具を集めた本を海外から取り寄せるとページが中落ちして、役に立たなくなった本とまだ役に立つページがありました。熊谷彰博が雑貨や日用品の選択と編集をテーマにしたZINE「ZAKKA | 雑貨」を道具の写真と合わせて展示します。

また、吉祥寺で生活用品を扱うRoundabout(入居ビル建替えに伴う移転準備中)の店主小林和人は、物の役割には「目に見える具体的な機能」「目に見えない抽象的な作用」があり、使い手との関わり方により、時に機能し、時に作用すると考えます。

現在は移転先での営業再開までの漂流期間ということもあり、今回、「目に見える具体的な機能」についての考えを紹介する場として、ユトレヒトにてRoundabout 出張展を開催します。

会期:2016年3月15日[火] – 3月27日[日]   12:00 – 20:00  22日[火]休み

場所:ユトレヒト  東京都渋谷区神宮前5-36-6 ケーリーマンション2C   03-6427-4041

熊谷彰博

デザイナー / ディレクター

1984年 東京都生まれ。物事の関係性や仕組みのリサーチからはじまり、独自の視点と考察で総合的なデザインとディレクションを手掛けている。

主な仕事に、無印良品 池袋西武 企画展「STOCK展 – 気づきを、備える」企画・監修・会場構成、渋谷ヒカリエ Creative Lounge MOV「aiiima」アートディレクターなど。

また、6/5まで開催中の21_21 DESIGN SIGHT「雑貨展」企画チームにコンセプトリサーチとして参加。

http://alekole.jp/

 

小林和人

『Roundabout/OUTBOUND』店主。
1999年に吉祥寺で国内外の生活用品を扱う店『Roundabout』を、2008年には、やや非日常に針の振れた温度の店『OUTBOUND』を開店。両店舗の商品セレクトとディスプレイの他、執筆やスタイリングの仕事等も手掛ける。著書に『あたらしい日用品』がある。

http://roundabout.to http://outbound.to